プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2012/10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

ファームパーク伊都国

今日のお出かけは「ファームパーク伊都国」です。

ここは農産物の販売や各種イベントが催される都市と農村の交流拠点施設ですが、
多目的広場や遊具等が無料解放されているので、
小さなお子様連れのファミリーに人気の公園です。



横には小さな川が流れ、遠くには背振山系が望めます。



ヤギと対面したむぎとゆずはかなり興奮してます。



イベントが無い時は人影もまばらでワンコの散歩にはちょうどいい処です。







川のほとりに降りて散策も出来ます。



大きな鯉を見つけたゆずが釘付けになっています。



その後、前足の
片方をあげて、今にも飛び込んで捕まえそうな気配だったので
引き離しました。



ゆずは急な傾斜の側壁もひょいひょいと登って行くので
アジリティーに向いているかも?





ソフトクリームを妻におねだりするガールズ。
一口だけもらえました。

じゃあ、そろそろ帰ろうか?



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

シャッパ

今朝は雨が降っていたので、むぎ達の散歩は
屋根が付いた遊歩道がある志摩中央公園に連れて行きました。

朝、ここまで来たならば「志摩の四季」に寄らない訳にはいきません。

「志摩の四季」は、糸島漁協が営む物産直売所で
糸島の海で獲れた鮮魚が所狭しと並んでいます。



しかし、昼頃行ってもほとんど売り切れているので
朝早めに行かないといかないと、お目当ての物を手に入れる事が出来ません。

この日は、なんと「活きシャッパ」がありました。

迷わずお買い上げです。

「シャッパ」とは「シャコ」の事ですが
長崎生まれの私も、佐賀生まれの妻も「シャコ」のことを
「シャッパ」と呼びます。
ここ福岡では普通にシャコと呼ぶようですが。

ただし、私も妻も『シャッパは活きた物を買ってきて茹でないといけない』と
母親から教えられてきました。

普通のスーパー等では「活きシャッパ」は手に入らないので
ここ「志摩の四季」は貴重なお店です!

シャッパはさっと茹でて食すのですが、
シャッパからの出汁がうまいのです!

手掴かみでしゃぶりつきました。


LINEで送る
おいしい |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

秋色散歩

今日の夕方の散歩は「平原歴史公園」です。

ここは日本最大の銅鏡が出土した国指定史跡
「平原遺跡」の地に整備された公園で、
こ季節になると公園内に植えられたコスモスが満開となり、
多くの人が訪れます。



夕方になると人も少ないだろうと思って出掛けたのですが
駐車場は満杯で、空くまで待っていました。



畑の中に小径が通っているので
コスモスの花の中を歩く事が出来ます。







むぎもゆずもハァハァする事もなく元気に歩き回れる季節になりました。

秋色散歩ですね。



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

つるべおとし

今日の夕方の散歩は久しぶりに
泉川付近まで足を運んでみました。

ちょうど夕陽が沈み始めた時間だったので
むぎとゆずをせかして河口まで早歩き!



急げ急げ!



なんとか間に合いました♪











LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

Walkmeter

iPhoneにウォーキングの為のアプリをインストールしてみました。

「Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ」です。



これはスタートボタンとストップボタンを押すだけで
iPhoneのGPS機能を使って
様々なデータを自動で記録してくれる優れものです。





手始めに、むぎとゆずの散歩に使ってみました。






移動時間 28:08
停止時間 34:33
距離 2.73km
となっています。

私はむぎを連れていたのですが
1時間2分の散歩の間、くんくんして止まっている時間の方が
長かった事になりますね。


散歩したルートが地図の上に表示され、
途中1km、2km事にマークも出ます。



スピードや高度もグラフで表示されます。

もちろん、ウォーキングだけでなく
ジョギングやサイクリング、車でのドライブなどにも使えます。



指定した時間や、距離事に音声でアナウンスしてくれるので
iPhoneをいちいち見る事なくウォーキングに専念出来ます。

でも突然しゃべり出すので、すれ違う人がびっくりする事も!


iPhoneのカレンダーと同期も出来ます。

カレンダーを見ると、さぼった日や頑張った日が一目瞭然なので
モチベーションを持続させるには便利な機能です。

頑張ろうっと!

LINEで送る
iPhone+ iPad |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

さが21世紀県民の森

今日は、昨日の立石山から遥か彼方に見えていた背振山系の山を越えて
佐賀県の一級河川 嘉瀬川上流部にある「さが21世紀県民の森」を訪れました。

ここは昭和32年に完工した北山ダムによって出来た
人造湖の北山湖の周辺に広がる森林公園です。
サイクリングロード、森林学習館、キャンプ場、
アスレチックなどが整備されています。

以前訪れた時は入り口付近をちょっと散策しただけだったので
中まで入るのは初めてです。



北山湖は人造湖でありながら複雑な地形で、湖岸に沿った遊歩道も
変化に富んでいます。



周りには照葉樹林が広がっていてなかなか素敵な散歩道です。





トンネルがありました!
車に乗ってトンネルを通った事は何度もあるむぎとゆずですが、
トンネルの中を歩くのは初めてです。

最初、入り口を前にして尻込みしていた二人ですが、
「行くよ!」と声をかけるとトコトコ歩き出しました。
途中、ゆずが怖がって妻にすがっていましたがなんとか抜ける事が出来ました。





遊歩道沿いにところどころに広場があって
むぎとゆずは喜んで駆け出して行きます。



ダムの天端からは北山湖、遠くに背振の山々、そして高い秋の青空が望めます。







途中、屋根が付いたベンチがあったので、ここでランチタイム。
でも、日陰に入ると肌寒い。








吊り橋を渡ってみる事に。
平気で下を覗き込むむぎが怖くて、抱っこして渡りました。







この遊歩道は1週約6km。

木漏れ日の下は涼しいのですが、日のあたるところはまだ暑かったので
今回は1時間ほど歩いたところでUターンしました。

樹々の色付きが広がってきた頃、また来ようね、むぎ、ゆず。







LINEで送る
お出かけ |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

糸島日和

糸島半島の「灘山」に《むぎかじ隊》がアタックして以来、
《ワン連れ山登り》をしていなかったのですが、
ようやく今日、「立石山」に登ってみることにしました。

糸島半島の西に位置する立石山は「標高2090m」
ではなく「209m」の低山です。(笑)

しかも今回、山頂まで15分で登れるらしい登山口からなので
「なんちゃって登山」ですね。

登山口からは段差が低い階段になっていたので
むぎとゆずはルンルンと登って行きます。







しかし、すぐに急勾配の狭い登山道になり
段差も高く、とてもむぎとゆずが登れる道では無くなりました。



私の下調べが不十分でした。

これが1時間続くとなれば登るのを断念するところですが
15分なのでむぎとゆずを抱っこして登る事に。
抱っこと言っても普通に抱っこすると両手が塞がって危ないので
小脇にラグビーボールの用に抱えて登ります。

途中からざらついた花崗岩の道になり
ワンを抱えているとバランスが悪く、
何度か足を滑らしそうになりながら登って行きました。

突然視界が開け、そこには絶景が!!

※↓ クリックすると大きくなります。



東には芥屋の大門や白砂の野北海岸が広がっています。

糸島富士と称される可也山や遥か先には背振山系が連なっています。



西に目をやると眼下に福浦港、遠くには唐津まで望めます。



やっぱり糸島の碧い海は美しい。





しかし、この場所は猫の額ほどの広さなので
むぎもゆずもどこにも行けなく不満げです。



ここには標識等が無いので前方の頂きが山頂なのでしょうか?



ここまで何とか無事登って来ましたが、
この先、ワンコを抱え登り、戻って来るのに
これ以上険しい道のりだとまずいので、
ここで引き返すことにしました。

下りは腰を落とし、慎重に慎重に降りて、無事登山口に到着。

ほとんど歩き回れなかったむぎとゆずは、
喜んで林道を降りて行きます。



立石山の麓の芥屋ではむぎ&ゆずをゆっくり散歩させました。



芥屋を後にして次に向かったのは「二見ヶ浦」です。

霊園公園の高台に登ると(今度は車です)

夫婦岩がそびえる二見ヶ浦の海岸が一望出来ます。









どんな急斜面でもお構いなしに降りて行くむぎとゆずです。







夏至の頃、この夫婦岩の間に沈む夕陽の景観が素晴らしいと聞きます。

まだ見た事がないので、来年は是非見に来よう♪









一日で「山と海」を満喫した糸島ならではの日曜日でした♪
LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP