プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2012/04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

meet again

今日はいそいそと「ドッグハウスすえなが」さんにお出かけです。

あずきちゃんファミリーとよっこさんさんご夫婦と待ち合わせしているのでした。

ノーフォーク・ファミリー・year-end lunch party」以来の再会です。

2008年生まれのゆずと2010年生まれのあずきちゃんは
同じ両親(”パパワン”リトル君+”ママワン”れんげちゃん)から生まれた
姉妹になります。


むぎがあずきちゃんにご挨拶。



あずきちゃんはいつも元気いっぱいです!



ゆずとあずきちゃんは顔も似ていますが
仕草や行動も似ています。
パパワンリトル君の血を引いているせいでしょうか?

もっともゆずは甘えっ子で、あずきちゃんは独立心旺盛のようです。




ワンコ達には留守番してもらってランチに向かいました。

二丈吉井にある「喜八荘」です。



ここに来たならやっぱりこれでしょう。
「イカの活き造り」です。

生け簀からあげられ素早く捌かれたイカの
身は透き通っていて、甘くて歯触りもよく「美味」の極みです。

天ぷらにしてもらったゲソとエンペラも絶品でした。



話は尽きる事がないのですが、もう一つのお楽しみが待っているので
「ドッグハウスすえなが」さんに戻ります。

まろまりご夫婦が「まろまり赤ちゃん’s」を連れてきてくださいました。♪♪



生まれた時からずっとブログで可愛い姿を拝見していた赤ちゃんを
抱っこさせてもらい、なでなでして、見つめ見つめられて
もうメロメロです♪









パパワンまろん君とママワンまりりんちゃんも登場です。



まりりんちゃんが近づくと「ママ〜、ママ〜」



まろん君はみんなにご挨拶!ご挨拶!



「うれしいのだっ」



本日は皆様と可愛いワンちゃん達にお会い出来て
素敵な時間を過ごす事が出来ました。

どうもありがとうございました。
LINEで送る
イベント |  コメント:7  |  トラックバック(-)
TOP

加布里公園

今日はむぎとゆずを連れて加布里港まで。

海風が気持ちいいのですが、ワンコにとってはちょっと厳しい陽射しです。



港から近くの「加布里公園」まで足を伸ばしてみました。





ここは糸島の桜の名所の一つにあげられています。
初めて訪れたのですが、この時季、きらめく若葉が美しい。





展望台からは可也山や穏やかな加布里湾が望めます。





また一つ糸島のお出かけスポットが増えました♪



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ちくり

今日はゆずのワクチン接種の日。

むぎ、ゆずともフィラリアの検査もしてもらいます。

動物病院では他のワンちゃんも居るので
ちょっとテンション高めのむぎとゆずでしたが
膝の上に乗せると落ち着きます。



診察室に入ると先生や看護婦さんに尻尾フリフリのむぎですが
先生が採血の為の注射器を取り出し、看護婦さんに抱っこされると
固まってしまいました。



むぎ 5.3kg、ゆず 7.1kg。

フィラリアの薬はむぎがS、ゆずがMサイズです。

ゆず、今日は「安静」だからね!

LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

DNA

こちらに越してきて、むぎとゆずは、よく側溝の蓋の穴を
覗き込むようになりました。





時には姿も見えないのにガゥガゥと興奮して側溝に突進していきます。
何が居るのか?



以前見かけたイタチだろうと思っていましたが
ご近所のワン友の方に「それは穴熊ですよ」と教えられました。

「ア・ナ・グ・マ?」

この住宅街には穴熊が生息しているのでした。
側溝は穴熊の通り道?巣穴?になっているようです。



私はまだ見た事がないのですが
先日、側溝を覗き込んだ妻が「穴熊と目が合った!」そうです。

そしてついに妻が穴熊の撮影に成功しました。
散歩の途中、むぎとゆずがガゥガゥ始めたので
携帯のカメラでパチリ!





ワールドドッグ図鑑」と言うホームページの「ノーフォークテリア」の項目には
『ノーフォーク・テリアは穴に逃げ込んだ狐や穴熊、
鼠の捕殺に最適なテリアとして古くから飼育されてきた。』
とあります。

むぎとゆずにはノーフォークテリアのDNAが
しっかり受け継がれているのでした。
LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:6  |  トラックバック(-)
TOP

春の抜き抜き

すっかり春めいて散歩が気持ちがいいですね。

しかし、日によっては初夏の陽射しで
ワンコ達もハァハァになってしまいます。

そこでこの春は少し早めに「抜き抜き(プラッキング)」に連れて行きました。

帰りにブリーダーさんのお店の裏の里山を散歩。




むぎ、ゆず すっきりしたね!






LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

てくてく深江

またまた「二丈ふれあいい夕市」に出掛けました。

今日は、どれにしようか迷うほど様々な魚が並んでいます。



春の訪れを告げる大地の恵み達も「えへん」と胸を張っています。





夕市の後は唐津街道の宿場町として栄えた二丈深江の散策に。

レトロなJR深江駅です。



初めて訪れた深江神社。
拝殿は建て替えられていて新しいのですが
建立は1202年と古く、豊臣秀吉が朝鮮出兵で
名護屋城(現在の唐津市鎮西町)へ向かう途中に
参拝したとされています。





妻が拝礼している間、むぎはオヤツをちょうだいと妻を拝んでいました。





境内には澄み切った春の空に向かって楠木がそびえ立っています。



町中には白壁や伝統的な建築様式の建物が見られ宿場町の名残をとどめています。











テクテク歩いていると渋い醤油屋さんがありました。



ミツル醤油醸造元」さんです。



お店には様々な醤油とともに数々の品評会で受賞された賞状が飾ってあります。

お店の方とお話ししていると
「うちはまだ90年ほどの新参者ですから」とおっしゃる。
なるほど醤油や、造り酒屋の世界では90年はまだまだ若いという事なのですね。



今宵の晩ご飯、まずは夕市で買ってきた「山うど」です。
独特の香りとえぐみは春の食材の真打ちですね。



これにはもちろん日本酒です。
糸島の地酒、白糸酒造の「純米酒 喜蔵」を合わせました。



ミツル醤油で買ってきた「橙ポン酢」は
バランスの取れた逸品で、橙好きな私には嬉しい!





今宵は、地産地消の宴です。

「可愛いお客様」もお見えでした。
野菜にくっついてきたのでしょうね。


LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

春告鳥の声を聞きながら

道すがら花々を愛でながら雨上がりの朝の散歩です。





ゆず、水溜まりに入らないようにね!





桜は散り始めましたが、我が家の庭のジューンベリーは満開です♪

実の収穫が楽しみだなぁ♪




LINEで送る
モノローグ |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

4-0で勝ち!

カード会社から送られてくるメールに
「福岡ソフトバンクホークス戦チケットプレゼント」というのがありました。

ハガキに記入して応募するなんてのは無精者の私には出来ませんが
最近はiPhoneの画面をちょこちょことタッチするだけでwebから簡単に申し込めます。

便利な世の中になったものですね。

まぁ、くじ運のない私ですので、応募した事すら忘れていたある日、
チケットが送られてきました。
内野の指定席のペアチケットです。



ホークス大ファンの妻は「ひゃっほ〜!」
妻が友人のKさんと観戦に行く事に。

妻曰く、「これで今年の運は使い果たしたかもね」
「多分ね… 」
LINEで送る
モノローグ |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

さくら道

日曜日の朝の散歩は、前原北にある春が待ち遠しかった場所へ。

まだ木枯らしが吹いている頃、散歩していて見つけた
雷山川沿いの桜並木のある遊歩道です。

そろそろ咲いているかなぁと出掛けてみました。

この遊歩道には名前が付けてあります。
「さくら道」



河口に向かって左岸が2001年、右岸が2003年に植樹されています。
まだまだ小さいですが精一杯咲いていました。





川の向かいに可也山を望む素敵なロケーションです。



もっともガールズは「花より団子」でしたが。










LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

桜紀行3

今日も快晴です。
先週、まだ蕾だった上護岳の桜も開花したことでしょう。

昨夜までは上護岳に桜を見に行く予定でしたが
「『小城公園』」の桜も見たいなぁ」と妻が言います。

佐賀県小城市にある「小城公園」は小城藩の初代藩主が造園した庭園で、
3000本の桜が咲き誇り、「桜の名所100選」にも選ばれているそうです。

私はまだ見た事がないので「小城公園」に行く事にしました。

途中、「楽しみ」もあるのです。

三瀬峠を越えて佐賀に向かいます。

佐賀の街中に入る手前に九州の嵐山と呼ばれる「川上峡」があります。
嘉瀬川の中流域にあたり、川沿いの桜並木や紅葉、
夏場の花火大会や川上峡温泉などが有名です。

「嵐山」は言い過ぎかなぁとも思いますが…。

さて今回の「楽しみ」とはこれです。

※写真の上でカーソルが手の形に変わったらクリックすると大きくなります。



嘉瀬川に掛かる官人橋を挟んで川の上で舞う鯉のぼりです。
無数の鯉のぼりが春風に乗って乱舞する姿は壮観です。



この鯉のぼりの吹き流しは「第34回川上峡春まつり」のイベントで、
今年は年3月24日〜5月13日まで。
週末には、観光屋形船が運航し、川面から鯉のぼりの姿を眺める事が出来ます。

川岸には西暦564年創建の「與止日女神社(よどひめじんじゃ)」があり
この日はお花見の人たちで賑わっていました。














さて、川上峡の次ぎは「小城公園」の予定だったのですが、
実は川上峡に来る途中の山の斜面に満開の桜が広がっている
気になる所があったのです。

予定を変更してそちらに行ってみることにしました。

我が家の予定はすぐに変更になります。
まぁ、行き当たりばったりと言った方が正解ですが(笑)

桜の山になっていたのは「巨石パーク」です。
佐賀に行く時はこの横を通るのですが、
いつも「巨石パーク」とは一体なんなんだろう?
と思いながら通り過ぎていました。

謎のまま桜につられて入ってみました。

駐車場の横には広い芝生のグランドがあり、
ここから山の桜を眺める事が出来ます。



このグランドの端の方でお昼ご飯にすることにしました。
前回は「巻き寿司」だったので今回は「いなり寿司」です。



しかし、今回も油断してました。
私が桜に見とれていたら、ゆずが、お皿に載せていた「いなり寿司」を
電光石火の早業でパクリ!

前回はすぐに取り上げられたので学習したのでしょう、
1〜2回モグモグしてゴックンでした。

証拠のご飯粒が口の所に残っています。やれやれ。





食事の後、上に昇ってみます。



謎の「巨石パーク」ですが、桜は素晴らしいものでした。







車道の坂道を登って行き、広場まで来ると案内板がありました。

この広場から更に山道を登って行くと10m以上の巨石群が点在しているのでした。
古代の巨石信仰から「與止日女神社(よどひめじんじゃ)」のご神体と言われているそうです。



眼下に川上峡や遠く背振の山々が望めます。







記念写真を撮ってる間、ゆずが落ち着きません。



お弁当を広げた広場はご老人達がグランドゴルフを楽しむ
グランドで、芝生の上を勢いよく転がるボールに興奮しているからでした。



なぞが解けた「巨石パーク」でしたが、
我が家には『素晴らしい桜スポット』」として登録されました。


LINEで送る
お出かけ |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

桜紀行2

唐津城を出て街に向かう町田川沿いの遊歩道には
桜並木があってなかなか素敵です。





商店街に入ると、格調高い建物が見えてきました。
「旧唐津銀行」だそうです。



国の重要文化財に指定されている日本銀行本店を手がけた
近代建築学の第一人者と言われる辰野金吾が監修し、
その辰野に師事した田中実の設計。
唐津出身の辰野金吾が、唐津藩校時代の同級生だった
当時の唐津銀行の頭取からの依頼で監修を引き受けたそうです。

1912年に建てられたので、今年で100年になります。
1997年まで銀行(旧唐津銀行は合併を経てのちの佐賀銀行唐津支店)として
使われてたというからすごいですね。

その後唐津市に寄贈され、全面改修され2011年にリニューアルオープンし、
資料館やイベント施設として利用されています。

↓クリックすると大きくなります




商店街は落ち着いた雰囲気で、ところどころにレトロな建物が
静かな表情を見せています。







春の陽射しは柔らかで心地よいのですが
ワンコ達にはもう暑いのかなぁ?



町並みとは対照的にJR唐津駅はモダンな作りです。



各町の歩道に設置されている町の歴史が記された案内板も
洗練されていますね。







行き当たりばったりに歩いてきたら観光案内版がありました。

まだまだ見所たっぷりな町なようです。
またのお楽しみにとっておきましょう。









唐津を後にして向かったのは唐津市浜玉町平原にある桜の名所「上護岳」です。
2010年に初めて訪れて、山の斜面に広がる「桜の回廊」に魅了され
昨年も、そして今年もまた足を運びました。

山間にあるのでまだ咲いていないかも?と思い
正面に上護岳が見える所まで昇って確認してみたところ、
一部桜色になっている部分もありますが、まだまだ蕾のようです。
う〜ん、残念。来週末あたりが見頃になるのかなぁ。



お腹もすいてきたので、七山にある「鳴神公園」でお昼ご飯に。
こちらも山間なので開花している桜と、まだ蕾の状態の桜が混在しています。



山桜の木の下にシートを敷いてお重を広げるとまさにお花見の定番ですね。



見上げると桜の天井です。



芝生の広場の横を流れる清らかな玉島川のせせらぎを聞きながら
頬張る弁当は美味いなぁ。



テーブルの前でゆずが大人しく座っているので
「おりこうさんやね!ゆず」と褒めていた矢先、
妻がお皿の上に置いていた巻き寿司を「パクリ!」
「こらっぁ〜!!」
すぐにとりあげました。

全然おりこうさんではありませんでした。



むぎとゆずのお弁当は「ささみ」!

むぎは大人しくもらえるのを待っています。



お昼も食べてお腹も膨れてたので、公園内をお散歩。





ジャックラッセル君にご挨拶です。

飼い主さんとお話を始めたら、
「先ほど、同じワンちゃんが来てましたよ」とのこと。
どなたかノーフォークテリアを連れてきてらしたんですね。



「むぎ、ゆず、暖かくなったら水遊びにまた来ようね」





↓クリックすると大きくなります

LINEで送る
お出かけ |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

桜紀行

3月27日に福岡管区気象台から桜の開花が発表されました。
昨年より5日遅いそうです。
花見は4月7日かなぁ、と考えていたら、あれよあれよという間に、
街中の桜が開き始めました。





4月1日、雲一つ無い青空が広がっています。
満開でなくてもいい、この青空を逃してはいけない、
と花見に行く事にしました。

妻は早起きして、せっせと弁当作りです。



むぎとゆずは、大好きな友人のMさんも一緒なので大喜びです。

場所はこの前訪れてすっかりお気に入りになった
佐賀県唐津市の「唐津城」です。

早めに出掛けたので、唐津城前の駐車場にもすんなり入れました。





むぎとゆずは、長い階段を一気に駆け上がろうとするので、
踊り場で「待て!」をさせながら登って行きます。





目の覚める様な青空を背にすると桜の美しさが際だちます。

※↓クリックすると大きくなります




※↓クリックすると大きくなります









前回はお城の二の丸付近の散策でしたが、
今回は唐津の城下町を訪れてみました。




※↓クリックすると大きくなります



※つづく
LINEで送る
お出かけ |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP