プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2011/10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

ワン連れ旅 その2

マリティームで迎えた朝。
夜明け前、空を覆っていた雲も
日の出の頃には流れ出し青空が輝き始めた。




むぎまだ眠たいと?

朝のお散歩に行こうか?







宿の近所を散歩した後は、宿の前にあるドッグランへ。
海が一望出来る素敵なロケーションだ。

















朝ご飯を食べに母屋に入ると、焼きたてのパンの香りが香ばしい。









ゆず、ちょっとだけだよ。



食事の後、ご主人と奥さんとまたまたキャンプ談義。
主なキャンプフィールドが熊本、大分と我が家と同じと言う事で情報交換。
いいキャンプ場も教えていただいた。

しかし、なかなか都合が付かないとは言え、
1年半もキャンプから遠ざかっている我が家です。

看板犬のマルちゃんは、とっても落ち着いていて
我が家のお転婆達も見習って欲しいなぁ。
でも、奥さん曰く「むぎちゃん、ゆずちゃんみたいに甘える事が少ないので
ちょっと寂しい」。






心のこもったおもてなしと、素晴らしい料理で
すっかりお気に入りになったマリティームを後にして向かったのは
島原半島の中央部に位置する雲仙岳。

雲仙岳とは普賢岳、国見岳妙見岳、絹笠岳、高岩岳、野岳、矢岳、九千部岳
の八つの山の総称で昭和9年に全国で初めて国立公園に指定された。
ミヤマキリシマ、紅葉、霧氷など一年を通じて豊かな自然が楽しめるところだ。

700mほどの標高で夏でも涼しい為、明治の頃から避暑地として栄えた温泉街は
公園や遊歩道などきちんと整備されていて散策にはうってつけだ。

雲仙温泉の中心にある雲仙地獄を巡ってみた。
至る所から高温の温泉と蒸気が激しく吹き出している。
むぎとゆずが怖がるかな?と心配したが、お構いなしにずんずん進む。









山々も少し色付き始めている。
ここは九州でも人気の紅葉スポットだが、残念ながら紅葉シーズにはまだ訪れた事がない。





この温泉街から少し離れたところに「小地獄温泉」と言う共同浴場がある。
1731年に湯治場として開かれた歴史ある温泉だ。

6年前に一度訪れた事があるので今回は2回目だ。
色んな共同浴場に入ったが、ここはお気に入りの温泉の一つだ。

さすがに人気の温泉なので、ここでは「入浴客は私1人」と言う事はあり得ず
中の写真が撮れなかったが、木造の壁や天井と石造りの湯船がいい雰囲気だ。
硫黄の臭い漂う白濁したお湯はいかにも効能がありそうだ。
観光客でごった返す共同浴場にはなるべく近づかないのだが、ここは別。




温泉を出た後は、眺望がいい仁田峠に登って行く。
登るに連れて、垂れ込めていた雲が流れて行き、青空になってきた。

途中の第2展望所(約標高1,000m)は、眼下に島原の街並、有明海、
遠く天草まで見渡せる絶景ポイントだ。



左手には普賢岳、そしてその普賢岳の1990年〜1995年の噴火により噴出した
溶岩ドームである平成新山が間近に望めるのだが、この日は頂きに雲の帽子が…。
それでも、見渡す限りの絶景に感動!










仁田峠を最後に帰路についた。

むぎ、ゆず、楽しかった?
そろそろ帰ろうか?



また来ようね、マリティーム



LINEで送る
お出かけ |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

ワン連れ旅 その1

今回、初めて、むぎとゆずを連れて
キャンプではないお泊まり旅に出掛ける事になった。

むぎとゆずが大好きな友人のMさんも一緒だ。

一週間前の天気予報では、晴れだったが
そのうち曇りになり雨の予報に…。う〜ん。

しかし当日の朝、出掛けるときは曇り空。
よし!むぎ、ゆず、行くぞ!

向かったの長崎県諫早市。

まずは西へ向かう。

最初の休憩地の佐賀県唐津市厳木町の「道の駅 風のふるさと」に
辿り着いた頃に雨が降り出した。





休憩所はペット禁止ではなかったので、ここで朝ご飯。
早起きした(ゆずに起こされて)妻が、頑張ってサンドイッチを作ってきた。





この後、高速道路に乗ると、雨が上がり、青空が覗いてきた。

良かったね、むぎ、ゆず。





諫早は通過した事は何度かあるが、訪れるのは初めてだ。
諫早に着いて最初に向かったのは
ネットで調べていた「白木峰高原」だ。

五家原岳【ごかはらだけ】(標高1,058m)の中腹に広がる丘陵地で
この時季、一面にコスモスが咲き乱れている。

諫早湾や干拓地などが眼下に一望出来る素敵なところだ。













さっそく穴掘りをしたゆず。舌に泥が付いてるよ!



手入れが行き届いた公園でむぎとゆずが走り回る。




白木高原を後にして次に向かったのは
諫早市の南に位置する雲仙市の小浜(おばま)温泉。
橘湾に面した海辺の温泉街だ。
こちらも訪れるのは初めて。

小浜で最初に向かったのは、「ほっとふっと105」。

小浜の源泉温度105°にちなんで、
105mの長さを誇る日本一長い足湯だ。

ここにペット足湯があると聞いてさっそく行ってみた。

まずはゆずを抱っこ。
ゆずは渓流や水溜まりにずんずん入って行くので
大丈夫と思っていたが、お湯に入れたとたん飛び出してきた。





一部始終を見ていたむぎは、抱っこされた途端にカメ状態に。
渓流には入るが、水溜まりは嫌がるむぎ。
水が好きなのか嫌いなのか、いまだよく判らない。



ペット足湯はかなり深く、一段かさ上げされた場所にゆずを入れたのだが
足が短いノーフォークテリアは「腹湯」になってしまった。

次は我々の番だ。
思ったよりお湯は温かく、なかなか気持ちいい。
出た後に身体がぽかぽかしてきたのはさすが温泉効果だろう。





湯棚から流れ落ちる源泉が豊富な湯量を物語っている。



温泉街を散策していたら宿のチェックインの時間が近づいてきた。
小浜から今宵の宿に向かう。




今宵の宿は、海が一望出来る高台に建つ
ワンコと一緒に泊まれる創作和洋会席宿「マリティーム」。



客室3室の小さな宿だが、2部屋は戸建になっていて
母屋と繋がった部屋も離れ形式になっている。

宿に着くとすぐに奥様がお出迎えくださった。

我々が泊まるのは「展望テラス付離れ」の部屋だ。



部屋に入るとむぎとゆずは、さっそくチェック、チェック。





ロフトがあってここにもベッドがある。





内湯は桧作りだ。



テラスからは海が望める。
まるで友人の別荘に招かれた気分だ。




一通りチェックを済ませたむぎは、ソファでうとうとしはじめた。



この方は隅々まで点検しないと気が済まないみたいだ。



ゆず、今日はテレビはつけないよ。



空気清浄機やワンコ用のアメニティグッズも揃えられている。
トイレもむぎとゆず用にちゃんと2個用意されていた。



貸し切り展望風呂があるので
内湯ではなくこちらのお風呂に入った。
窓から海が見える開放感溢れるお風呂だ。
桧の香りが身体も心も癒してくれる。



さて、夕食の時間となった。

食事は部屋数に会わせて3つの専用個室が用意されている。
しかも、ワンコと一緒に入れるのだ。
ちゃんと、ワンコ用の椅子も置いてあるところが心憎い。





我々の個室と隣の個室とはガラスで仕切られていて
むぎとゆずはお隣の可愛らしいウエスティのさくらちゃんにご挨拶。
皆さんワンコ連れなのですぐにワンコ談義が始まります。



テーブルに運ばれくる料理は、どれもセンス溢れる盛りつけで
ハッとするような素晴らしい味わいだ。

お漬け物にさりげなく削りたての鰹節が添えてあるなど
どこまでも心のこもった料理の数々だった。



















ワインや焼酎も取り揃えられていて
まさに「オーベルジュ」。

食事の後、奥様とお話ししていると
オーナーご夫婦はキャンプ好きとの事。
ここではキャンプの話で盛り上がった。

部屋に戻るとむぎもゆずも遊び疲れたのか
すぐにZzzz…。





我々もお腹も心も一杯になって
心地よい眠りについた。


つづく…。

LINEで送る
お出かけ |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

イカの活き造り

昨夜は宮崎市に住む姪っ子が彼氏のJ君と一緒に
我が家にお泊まりにきた。
福岡市のマリンメッセ福岡で催されたB'zのコンサートの帰りなのだ。

毎年、かかさずB'zのコンサートに宮崎から来ている姪っ子だが
今年は12月にも福岡Yahoo!JAPANドームでコンサートあるので
こちらにも行くという熱狂的なB'zファンなのである。

妻もB'zファンなのだが、何かと忙しく
長いことコンサートに行ってない…と嘆いている。

J君は大のお刺身好きなので、この夜もお刺身をたくさん振る舞った。
その時「イカの活き造り」の話になり、
姪っ子もJ君も食べた事がないというので
今日はさっそく「イカの活き造り」を食べに行く事に。


向かったのお店は呼子ではなく糸島。
先日初めて行って気に入った「喜八荘」だ。


「イカの活き造り」を初めて食べる姪っ子もJ君も超感激!
もちろん、私たちも満面の笑み。

新鮮なイカ独特の歯触りと甘さが絶妙に絡み合う。





胴体を食べ終わったところで、
残りの耳とゲソは、天ぷらか塩焼き、刺身のどれかに調理してもらえる。



どれにしようか迷ったが、やっぱり刺身かな!活きイカだし。

耳もゲソもまた違った食感でこちらも美味い。

丸ごと活きイカを堪能しました。
しかし、これは日本酒が飲みたくなるよなぁ。




LINEで送る
おいしい |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

秋晴散歩

ようやく陽が昇ってもお散歩に行ける季節になった。







ゆずは、何故かよく、よそ様の玄関や庭を覗く。
そこまで警備しなくていいんだよ。





LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP