プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2011/05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

Camera Art FX FREE

久しぶりにiPhoneのアプリのお話です。

最近ダウンロードしたのが「Camera Art FX FREE」。
写真にアートっぽいエフェクトがかけられる。







エフェクトの種類は以下の8種類。

Comic book ・Comic B/W
Pencil sketch ・ Ink drawing
Cartoon ・Vintage/Old parchment
"HOPE" poster ・Watercolor

エフェクトのかかり具合もスライダーで調整出来る。



写真にエフェクトをかけるアプリは沢山あるが
このアプリが面白いのは
ムービーにもエフェクトがかかるところだ。
撮影しながらエフェクトの種類を変える事も出来る。



何気ないムービーがアニメーション風になる。
ちょっとおしゃれでしょう?



ちっちゃなiPhoneでこんな事が出来る時代になったんだなぁ。

残念なのはiPhoneに保存されている写真や動画が使えない事。
保存場所のカメラロールから呼び出すボタンが付いているのだが
ファイルを選択出来ない。
バグだろうか?
アップデートで出来るようになったらいいな。

ちなみに無料アプリです。
LINEで送る
iPhone+ iPad |  コメント:6  |  トラックバック(-)
TOP

アラカブ

ドッグハウスすえながさんの後は
一旦家に帰り、むぎとゆずを留守番させて
「伊都菜彩」に買い物にいくことにした。

ところが家に帰ると妻がソフトバンクホークス対
阪神タイガースの試合にはまってしまい
3時半を過ぎてしまった。

この時間になったら、やっぱり「二丈ふれあい夕市」だよなぁ。
という事でいざ出陣!

お目当ての活きイカがありました♥



今回の魚介はイカの他にアラカブ(カサゴ)とアサリ。





イカ刺しを食べながら、「次はアラカブの煮付け…」とにたりとしていたら、
妻が「アラカブ君とアサリちゃんが恋に落ちたとよ」と言う。






作ってきたのは「アラカブのアクアパッツァ」。

ひゃっほぉ〜。
活きイカに続きアラカブにもはまりそうだ。



↓ クリックすると大きくなります

LINEで送る
おいしい |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

魔法の手

白糸の滝の帰りにドッグハウスすえながさんに寄ったところ
まろまり母様、パパ様とお会いする事が出来た ♪

むぎは母様、パパ様の「魔法の手」にかかると
日頃我々にもあまり見せる事のない甘えっぷりで
もうメロメロになっていた。





人見知りのゆずは近づいたり離れたり。
妻に抱っこをせがみ、目の前のおやつに目が釘付けになっていた。



しかし、パパ様がおやつを取り出されるとパパ様にダッシュ。
あっ〜お恥ずかしい。




母様、パパ様、むぎとゆずを可愛がっていただき、
そのうえおもちゃまでいただきましてありがとうございました。

近いうちにまたお会い出来る日が来る事を
楽しみにしています。
LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

白糸の滝

朝っぱらから我が家のガールズが
リビングの窓際で騒いでいる。
何事か?と庭先を見てみるが何もいない。



ふと空を見上げるとそこにはバルーンが!

電柱にとまったカラスにさえ大騒ぎするガールズなので
バルーンなんかは宇宙人襲来かもしれない。



平日は5時半頃から出掛ける散歩も
休みなのでのんびりと7時半に出掛けたら、外は夏の暑さ!
まだ、5月だよね。Y(°_°)Y



むぎもゆずも「はぁはぁ」なので早々に切り上げた。



暑かったねぇ、ゆず。



お昼間前に仕切り直しに涼を求めて山に向かった。

目指したのは「白糸の滝」。

先日山歩きした井原山から雷山を挟んで
西に位置する羽金山(標高900m)の中腹にある。

我が家から車で30分ほど。
むぎとゆずを連れて行くのは初めてで、
我々も訪れるのは2回目だ。

周りは「白糸の滝 ふれあいの里」として整備されていて
滝を間近に見る事ができる。



24mの高さから流れ落ちる滝の前に立つと、
ウォーターミストで心身ともにリフレッシュするなぁ。



周りの新緑も美しい。





護岸工事などで本来の姿は望めないが、
渓流沿いに遊歩道も整備されている。



渓流を掘ってつくったヤマメの釣り堀や、
食事処のそうめん流しがあるので、
夏場には大勢の人で賑わう。





ソフトクリームが美味しそうだったのでひとつ買ってみた。

むぎ、ゆずちょっとだけだよ。





遠くに見えるあそこまで帰るんだよ。

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:6  |  トラックバック(-)
TOP

迷子札

むぎとゆずに着けている迷子札はカプセルタイプ。
連絡先を書いた紙片が中に入っている。

先日、ゆずのカプセルの下半分がなくなっているのに気付いた。
確か前日までは着いていたのに。
ねじが緩んで外れてしまったようだ。



これじゃいけないなと、色々調べて選んだのが
樹脂にレーザー加工で刻印したタイプ。
楽天のショップで購入。
さいたま市の「ごえんだま」というお店だ。

片面刻印で¥980、両面刻印¥1580。
形はハートや丸、楕円など豊富で、色や書体も選べる。
ワンコのシルエットも入れられる。
珍しくノーフォークテリアのシルエットもあった♪

選んだのは骨型の両面刻印タイプ。
メール便なので送料無料だ。





ボールチェーンだと何かに引っかかるかもしれない思い
付属のWリングで装着した。

迷子札が活躍しない事が一番なのだが。

LINEで送る
モノローグ |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

ペペロンチーノ

今日は妻が用事で出掛けたので自分でお昼ご飯を作る事に。

相変わらずパスタだが、
今回はこの前「GRAND DELI(グランデリ)」で食べて
とっても美味しかった「アサリとそら豆のペペロンチーノ」。
タケノコも入れてみた。



我ながら、なかなかうまいぞ!
う〜ん、ワインが飲みたい、が、ぐっと我慢。

LINEで送る
おいしい |  コメント:1  |  トラックバック(-)
TOP

「むぎかじ隊」 初登頂

先日、井原山で「ちょっだけ山歩き」をしたが、
今度は、「むぎとゆずを連れて頂上まで登れる山を」と
ネットで調べたところ、糸島半島に適当と思われる山がいくつかあった。

今回はその中の一つ「灘山」に《むぎかじ隊》がアタック!
アタックとは勇ましいが、実は標高210mの低山だ。

登山というよりハイキングだね。

場所は糸島半島だが福岡市西区に位置する

登山道は周回コースになっている。
今回は左側から時計回りに登ってみる。





少し登るといきなり急勾配になっていて
これってハイキングコース?

樹々に覆われた登山道はほの暗く
足下に落ち葉が堆積している所が多い。





風に吹かれて樹々が擦れ合って出す音に
むぎは警戒モード。



頂上に近づいてくると明るくなり新緑が美しい。



登り始めて30分ほどで第2展望台に辿り着いた。
ここでようやく視界が開けた。



二見ヶ浦の海岸や玄界灘が眼下に広がる。
霞んでいてクリアな景色ではないのが残念だが…。
ここで少し休憩。





第2展望台を後にして、少し進むと三角点があった。
ここが頂上になるんだろうか?







そこから下り坂になると、むぎとゆずは駆け下りる。
待て〜!



10分程で第1展望台に辿り着いた。



正面には玄界島、右手には大原の海岸が見える。





ここでお昼ご飯。



むぎとゆずのおやつもあるよ。



お腹も一杯になり、ここでしばらくのんびりとする。
海風が心地よい。





むぎ、ゆず、そろそろ下ろうか。



落ち葉が溜まった路は、足の短いノーフォークテリアには
お腹にあたり歩きにくそうだ。
さらに枯れ枝が引っかかったり、
急勾配の所では滑ってしまい危ない。



竹林の横を過ぎるとようやく樹々のトンネルが終わり
里山の路に辿り着いた。
第1展望台から20分ほどかかった。







こちら側の登山口にはきれいな案内板があった。



むぎ、ゆず 疲れたかな?






ここまで来たので近くの西浦漁港に向かった。
初めて訪れる漁港だが、きれいに整備されている。



美しい海なので泳いでいる魚も見える。





正面に見えるのが今日登った灘山だ。



むぎ、やっぱり疲れたよね。

次は、滑らなくて歩きやすい山にしようね。


LINEで送る
イベント |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

井原山

2000年からキャンプを始め、
仕事で行けなかった2005年を除いて
毎年ゴールデンウィークにはキャンプに行っていた。

今年は休みが暦通りで3・4・5日の3日間だけだったので
迷ったが、糸島でのんびりしようと行くのを止めた。

最終日の今日は新緑を求めて福岡県と佐賀県の県境にある
井原山(いわらやま)に向かった。
標高930mの井原山にはまだ登った事がないが、
これからの時期、ピンクのミツバツツジが咲き誇るらしい。

今日は頂上を目指す訳ではなく
登山口からちょっとだけ山歩きだ。





むぎとゆずは駆け上がって行くが、
段差が大きくて跳び上がれない所も多く、
ところどころ抱っこして登る。







あちらこちらに一輪草や二輪草が咲き乱れている。







登山道の横の渓流は澄んでいて新緑が映り眩い。




ひとしきり登って休憩したあとは登山口に戻り、
むぎとゆずが歩きやすい林道を散策した。







近いうち、むぎとゆずが登れるような山に行ってみよう。


LINEで送る
お出かけ |  コメント:9  |  トラックバック(-)
TOP

GRAND DELI

Kさんがお泊まりしてぐっすり眠っている間に
むぎとゆずの朝の散歩を済ませた。

いつも「うち飯」の我が家だが
今日はKさんと一緒にランチを食べに行く。
むぎとゆずはお留守番だ。

近くを通る度に気になっていた糸島市志摩久家にある
イタリアンレストラン「GRAND DELI(グランデリ)」だ。
今回初めて訪れる。

のどか田園風景の中にある小さな一戸建ての家がお店だ。



お店の横には料理に使われるハーブ等が育てられている庭がある。



店内はやわらかな春の陽射しが差し込み明るくて和やかだ。





妻とKさんが頼んだのは「パスタランチ」(¥1400)
私が「コースランチ」(¥1800)
前菜は、彩りも鮮やかで食欲をそそる。



パンにはオリーブオイルをつけて食べる。
勿論、パスタソースをつけても美味しい。

このパン、妻が大変気に入ってぱくついていた。





この日のパスタは「アサリとそら豆のペペロンチーノ」と
「茄子のトマトソース」の2つから選べた。

トマトソースのパスタはトマトの酸味がきいたシンプルな味付け。
茄子との絡みがいいね。



ペペロンチーノはアサリと唐辛子、オリーブオイルが絶妙なバランスで
もう一皿食べたくなるほどだった。



コースランチにはパスタのあとにメイン料理が付く。
今回は「仔牛の香草パン粉ロースト」。
盛りつけもオシャレだ。



最後にパスタランチ、コースランチともに
デザートとコーヒーもしくは紅茶が出てくる。
本日はのデザートは、ガトーショコラとマンゴーのシャーベット。



今回は予約して行ったのですんなり入れたが、
我々がお店に入った後はすぐに満席になっていた。

12席ほどしかないこじんまりとしたお店なので
予約して行く事をお勧めします。



GRAND DELI(グランデリ)
糸島市志摩久家1701-2
092-328-2400
駐車場 4台


より大きな地図で GRAND DELI を表示



お腹もいっぱいになった後は、
お店を出て福の浦の海岸線をドライブ。

福の浦漁港の手前にある「手作り石けん工房 暇楽」に立ち寄った。



カラフルな石けんがお菓子のように並べられている。






お店の前には美しい福の浦の海が広がっているのだが
あいにくの黄砂で紗がかかった景色になってしまっているのが残念だ。



妻が石けんと何かのセットを買っていた。
とってもお買い得なのと言うが
石けんや化粧品?のことはよくわからないのだ。

むぎとゆずが待ってるからそろそろ帰ろうか。




より大きな地図で 暇楽 を表示

LINEで送る
おいしい |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

小エ美味

今日は友人のKさんが遊びに来る事になっているので
お昼前に買い出しに出掛けた。

まずは朝の散歩の時に見つけたパン屋さんへ。

閑静な住宅街の中で、ご自宅の一部をパン工房にされている
天然パン工房 楽楽」だ。



パン好きの妻だが、中でも天然酵母を使ったパンには目がない。



次は久しぶりにJA糸島の産直市場「伊都菜彩」へ。

新鮮で種類も豊富なので、ここは大人気の産直市場だ。



最近「じもてぃー道」を極めてらっしゃるまろん家と
お会い出来るかも?と期待していたが…。

とにかく人が多い!









お気に入りの小エビがあった!
パックされているが、このエビはまだ活きているのだ。



でっかいスズキもゲット!



妻が調理している間、むぎは警備中!



ちょっと眠たくなってきた。



Zzz…





Kさんが来るとむぎもゆずも飛起きた。

「むぎとゆずに釜山旅行のお土産持って来たよ」と
取り出したのは可愛いパーカー。



ゆずには小さかったけど、むぎにはぴったりだ。



フードをかぶせたら固まってしまった。

泣かなくていいやん、むぎ。
あっ、目やにか。拭いてなかったね、ゴメン。



伊都菜彩で買った小エビは素揚げする。

エビ、カニ類は好んで食べない私だが
この小エビは美味い!



ちらし寿司に入れても美味しい。
色目もきれいだ。



それはワンコは食べられません!



時の経つのを忘れてしまう楽しい宴だった。
LINEで送る
イベント |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

モデル犬

むぎとゆずをいつも可愛がってくださる
近所にお住まいのTさんは、ダンスや絵画など多才なお方だ。

今、行政区の依頼で絵を描いてらっしゃる。
その絵はキャンバスではなく、公園に置いてあるコンテナに描かれている。

コンテナには災害時に使用する非常用発電機等が入れてあるらしいのだが
そのままでは殺風景なので絵を描いてほしいとの依頼が来たそうだ。

先日、妻がお会いしたとき
「むぎちゃん、ゆずちゃんも描くからね」とおっしゃったそうで、
今日散歩がてら見に行った。

まだ作成の途中らしいが、そこにはファンタジックな世界が広がっていた。



「ゆず、どこかにむぎとゆずが描いてあるって。見つかった?」



ありました!





むぎとゆずが絵になるなんて嬉しいなぁ。

Tさん、ありがとうございます。

LINEで送る
むぎ&ゆず |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP