プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2008/11 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

小戸公園

昨日の晴れたり曇ったり、雨が降ったりと不安定な天候とは
打って変わって今日は抜けるような青空!

むぎを連れて小戸公園に行くことにした。

公園に行く前にアウトレットモール「マリノアシティ」に寄ってみた。
観覧車「スカイドリーム福岡」が青空を背にまぶしい。
直径112メートルで世界3位の大きさらしいが、
乗ったことはない。20分で一周するという。








むぎは基本的に「裸族」だが、寒風吹きすさぶ中では
セーターやトレーナーを着せることもある。
昨年買った服が入らなくなったので、
ペットの総合ショップ「P2」にむぎの服を見に行った。



試着させてみたが、妻がどれも今ひとつ気に入らず今回は見送ることに。
「セーターを編もうかなぁ」と言っていたので、オリジナルの服が出来るかも。
むぎは眠たいのか、退屈なのか大あくび。






小戸公園に着くとむぎは喜んで走り回り、ワンコ達に会えばご挨拶に忙しい。




公園の北側は海だ。目の前に能古の島が見える。
能古の島を見るたびに井上陽水の「能古の島の片思い」の
メロディを口ずさんでしまうなぁ。







どこまでも高い青空と少し張りつめた空気が頬に心地よい素敵な散歩日和だった。





LINEで送る

ラルゴミーア

リンク先に「ラルゴミーア」さんのHPを追加しました。
7頭のノーフォークテリアたちとの楽しい暮らしが綴られた
元気一杯のHPです。
LINEで送る

ちっちゃな恋の物語

リンク先に「ちっちゃな恋の物語」を追加しました。
とても可愛らしいノーフォークテリア「ちっち」ちゃんへの
愛情溢れるブログです。

LINEで送る

雨こんこん

今日は朝から雨。
むぎは散歩に行けずちょっとご機嫌斜め。



恨めしそうに外を眺めたり、
退屈まぎれに靴下を引っ張ったり。





夕方になってようやく雨が上がりやっと散歩に行けた。

足もお腹もビチョビチョになったむぎ。
帰ってからは風呂場に直行だった。

LINEで送る

紅葉狩り

せっかくの3連休だが日・月曜日の天候が雨模様なので
キャンプは止めにした。

今日、土曜日は晴れ!青空だ。
青空に映える紅葉を見に行こう。

この時期、紅葉の名所はどこも混雑している。
なるべく、マイナーで人が少ないと思われる所をネットで探してみた。
多久市に「西渓公園」というのがあった。
多久市は、四方を山に囲まれた盆地で佐賀県のほぼ中央部に位置する
人口2万3000人くらいの市だ。まだ行ったことがない。
「西渓公園」は築山と池がある庭園で郷土資料館、歴史民俗資料館などが
あるらしい。

いざ出発!唐津から相知町、厳木町を抜けて1時頃到着。
駐車場にはすんなり入れた。
園内も混雑する様子はなく、芝生の広場では人々がお弁当を
広げたりしてくつろいでいる。



庭園内や小高い丘に登る道沿いの樹々が色鮮やかに紅葉していた。
















むぎは広場に来ると喜んで走り回る。





春は桜、初夏にはつつじ、冬には梅と四季折々の風情が楽しめるらしい。
なかなかいいところだ。
LINEで送る

フォトブック

「フォトブック」を作ってみた。
写真データをカメラ店に持ち込み、
簡単な操作でオリジナル写真集が出来上がる。
好みのデザインや表紙、台紙の色も選べる。

今回は富士フイルムの「フォトブックスクエア」にした。
表紙をハードカバータイプの「縦写真用」にしたので
フォトスタンドにもなる。
階調再現は今ひとつだが、なかなかおしゃれだ。







LINEで送る

秋月

昨日は雨でどこにも行かなかったので
曇り空だったが今日は朝からお出かけ。
久しぶりに秋月に行ってみることにした。
秋月は「筑前の小京都」と言われる城下町だ。
「小京都」と言うにはあまりにもこじんまりとしていて
「マイクロ京都」と言った方がいいかもしれないが
そこかしこに城下町の面影を残す風情のある所だ。

今にも降り出しそうな天候にもかかわらず
沿道には出店が並び結構な賑わいだ。
むぎは人込みの間をすり抜けながらすたこらさっさと進む。






広場に出るとむぎは大はしゃぎでぴょんぴょん跳ねて走り回る。










ちょっと横道にそれるとそこは里山の景色。
心が和む。






人気のパン屋さんには多くの人が並んでいたのでパス。




弁当でも買ってお昼にしようかと思っていたら
チラシを手にした方に声をかけられた。
蕎麦屋さんの呼び込みだった。
秋月から車で5分ほどかかる所にあると言う。
ワンコ連れなのでと言うと、外にテーブルがありますので
そこだったら大丈夫ですよと言われた。
外飯は得意だ(笑) で、行ってみることに。
汁がちょっと辛めだったがそこそこの出来。









蕎麦屋を後にした頃、雨が降り始めた。

むぎ、今日は満足したかな?
LINEで送る

中止

15・16日で「紅葉キャンプ」に行く予定だったが天気が悪く断念。
あぁ〜 (ノ_<。)



LINEで送る

味覚の秋

色々なものが美味しい季節だ。
なかでもお気に入りは「牡蠣」、それも「いろは島」の牡蠣だ。
佐賀県の伊万里湾の東部に浮かぶ無数の島の総称を「いろは島」と呼ぶが、
そこでとれる天然牡蠣だ。この時期、市場に出て来る。

小ネギを入れたポン酢と柚子胡椒で「生」で食べるのが一番!
かなり小粒で親指くらいの大きさしかないが、
噛むとじゅわっと濃厚な甘味が口一杯に広がる。
純米酒が合う。ついつい飲み過ぎてしまいます・・。



LINEで送る

クール宅急便

大分の友人からクール宅急便が届いた。
開けてびっくり!w(°o°)w
カラフルな貝が並んでいた。「緋扇貝」という。
そういえば魚市場で見たことがあるような。

早速、刺身とバター焼きにして食べてみた。
美味しい!これはいける!





LINEで送る

フラッキング

むぎは現在ヒート中だ。
発情前期はオス犬にしつこくクンクンされると
ウッーと唸って逃げていたが、
10日経った頃から 発情期に入り、オス犬に会うとしっぽを横に倒すようになった。
オス犬を許容するサインで『フラッキング』と呼ばれている。
夕方会ったリク君にはむぎの方から積極的にアプローチしていた。

人間と違ってワンコの世界は至ってシンプルだ。


081109_1708~0002
LINEで送る

蒸し蒸し

カセットコンロが壊れた。
これから鍋の季節というのに、やれやれ (・_・。))
で、カセットコンロの代わりになる物を見つけた。
グリル鍋
ホットプレートの鍋版だ。
鍋や、すき焼きに使える深鍋と、焼き肉などが出来るプレートに
蒸し器が付いているところがユニークだ。
妻と二人+ワンコ1匹の我が家にはぴったりサイズ。



早速、今夜は蒸し料理。
蒸し器に白菜、里芋、サツマ芋、しめじ、ホウレン草、ネギ、カブを並べ
頃合いを見計らって豚ロースを乗せる。





芋類はホクホクに、肉や白菜、ホウレン草などはふんわりと仕上がる。
食材の旨味が丸ごと味わえて、これはいい。
サツマ芋と豚肉をもらったむぎもご満悦だった。
「蒸し料理」今度は魚でいこうかな。
LINEで送る

バルーンフェスタ

佐賀のバルーンフェスタに行った。
80数機のバルーンが夕日をバックに飛来して来るシーンは
見たことがあるが、朝陽に輝いて一斉に飛び立つところを見てみたかったのだ。
今回は友人のMさんも一緒だ。

朝、4時半に家を出発。
三瀬峠を越えて、5時半過ぎに佐賀市内に到着。
7時から始まる競技に向けて会場を目指す。
が、会場に通じる国道に入った途端に渋滞。
数メートル進んでは動かなくなる。

時刻はついに7時を廻り、遠くに見えるフェスタ会場から
バルーンが次々と飛び立って行く。
車がいっこうに進まないので、妻とMさんはむぎを連れて
車を降り、徒歩で会場に向かうことに。

私は、車の中から渋滞の上に飛んで来た車の形をしたバルーンを睨みながら
とほほ。



会場となる嘉瀬川の河川敷の駐車場に辿り着いたのは9時前だった。
妻達と合流した時点で競技は終了し、多くのバルーンは地上付近まで
降りて来ていた。

天候は曇りで青空バックの写真は撮れず、こちらもとほほ。
(下の縦位置のは妻がコンパクトデジカメで撮ったもの)





むぎは、あまりの人の多さと会場のあちこちから大音量で流れて来る音に驚き、
しっぽを丸めていたので、人が少ない会場の横の土手に連れて行くと
ようやく落ち着いたようだ。



せっかくここまで来たけど、次のバルーン競技が始まり終了するまで
7時間以上もあるので、今回は会場を出て明日行く予定にしていた
ブリーダーさんの所に行くことにした。

妻曰く「来年は3時に出発するぞ!」

今日はサークルの中にノーフォークの赤ちゃんが3匹いた。
むぎの赤ちゃんの頃を思い出す。






むぎがグルーミングしてもらっている間に、前原市加布里にある
お気に入りのお店「つかもと」で昼ご飯。
「鯛のあら炊き御膳」のボリュームにびっくり。
勿論、味付けもグッド!






家に帰り着くと疲れ果てていたむぎはすぐに爆睡。
ようやく8時過ぎに起きて来た。

目の前でワイパー状態になっていた毛も抜いてもらいすっきり。




おまけ
2004年に撮った写真です。


LINEで送る