プロフィール
くの
  • 作者:くの
  • 2007年7月3日生まれの
    ノーフォークテリア「むぎ」
    (♀) と、2008年11月29日生まれの「ゆず」(♀)
    今日も元気にかじかじしてます
  • RSS
  • 管理者ページ
« | 2017/04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
トラックバック

Search

DTIブログ!

海風

夕方、家の周りの熱気がなかなか冷めないので
海風を期待して近くの加布里港まで来てみました。



吹いてました、海風♪

防波堤まで来ると黄金色の波が眩しい。









空を引っ掻いたような雲の形が面白くて
しばらく眺めていました。



今回の写真は「FUJIFILM X10」での撮影です。
LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

紫陽花

今日は涼を求めて背振山系の羽金山の中腹(標高530m)にある
「白糸の滝」に向かいました。

※カーソルが手の形に変わる写真はクリックすると大きくなります。



我が家から車で30分ほどの所にある絶好の避暑地です。




この時季、紫陽花が見頃。





あいにくの小雨模様ですが
大勢の人で賑わっています。



水饅頭がなんとも涼しげです。



24mの高さから流れ落ちる滝は
まさに白糸を流したような優美な姿。
滝の前に立つと天然のミストを浴びて心身ともにリフレッシュ。



先週、河童犬インストラクターのバンバン君から
コーチを受けたゆずは、張り切って滝つぼを目指しますが
さすがに観光地の滝で遊ばせるわけにはいかないので
諦めてもらいました。



ここに来ると必ず食べるのが糸島のこだわりの牛乳「伊都物語」を使った
ソフトクリーム。
茶犬達も大好物!
ちょっとだけだだよ。



今年の夏もお世話になります「白糸の滝」




LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

加布里港

今日は夕方になっても暑かったので
海風に吹かれれば涼しいかなと思い
むぎとゆずを加布里港に連れて行きました。



ここから見える夕焼けも素敵です。



集落に入って行くと、郷愁を誘う路地がいくつもあります。






港町なのに何故かヤギがいました。

好奇心旺盛なゆずですが、ちょっと怖かったのか
シッポが丸まったままです。



でも気になるようで離れた後も遠くから見つめています。



私が気になるのは「干物」。

見るからに美味しそう!
で、お買い上げです。



これがとびきり旨い!

また買いに行こう♪

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ぐるり糸島半島

昨日が山だったので今日は海です。

久しぶりに「サンセットロード」と呼ばれる
糸島半島の海岸線を一周してみることにしました。

天気予報では陽射しが強いと言っていたので
むぎとゆずは留守番です。



ゴールデンウィーク最後の日のせいか、
思ったほど道路は混んでなくて流れはスムーズ。



しかし、人気のスポットに来ると駐車場は満杯。
レストランやカフェには人が溢れています。



紺碧の海に夫婦岩がそそり立つ桜井二見ヶ浦は
「日本の夕陽百選」にも選ばれていています。
ここの夕陽はまだ見た事ないんのですが。





夕方、陽射しが和らいできたので
こんどはむぎとゆずを連れて「曲り田スポーツ公園」へ。



公園の中を一回りしたら、外に出て公園の周りをお散歩。
麦もかなり色付いてきました。
収穫も間近です。










最近、二丈町まで来たら「天然温泉水」を汲んで帰ります。
町中には何カ所か水汲み場がありますが
我が家が利用しているのはREDHOUSE cafe (レッドハウス カフェ)の前の「粋透水」。







コーヒーや焼酎の水割りの水や氷に使っていますが、
まろやかでこれがなかなかいいのです♪



と言う事で、今年もキャンプに行くことなく
糸島でまったりと過ごしたゴールデンウィークでした。
LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

萌黄色散歩

夕方、むぎとゆずを連れて福岡県と佐賀県の県境にある
雷山(らいざん 標高 955m)の中腹にある雷神社(いかづちじんじゃ)を訪れました。



境内は大木が枝を広げ、陽射しを遮り日陰になっています。
我が家から車で20分位なので、夏場は近場の避暑地として最適。



この時季、周りの林道散策でも眩い新緑や花々に出会えます。





いたるところにシャガが咲いていました。



茶犬達はもちろん「花より団子」ですけど。





LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

今津運動公園

ポタリングから帰るとむぎとゆずが
「お出かけ♪お出かけ!」と飛びついてきます。

今日は糸島市に隣接する福岡市西区にある「今津運動公園」に出掛けました。



ヤフオクドーム3.6個分の広大な敷地の中に
芝生広場やアスレチック広場、ウォーキングコースや
テニスコート、球技場などが整備されています。





ワンコの散歩は「360度お好きな方向にどうぞ!」といった感じですね。

むぎもゆずもご機嫌です。



「むぎ!」と声をかけるとカメラ目線。













陽が傾きかけて人々の影もまばらになってきました。

「そろそろ帰ろうか?」と言っても
なかなか帰ろうとせず、ズンズン進むむぎとゆず。

でもオヤツを出すとすぐに駆け寄ってきます♪



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

零れ桜

今年は全国的に早咲きの桜ですが
ここ糸島では日曜日になってもまだ桜は元気です。

おとといの天気予報では今日は雨だったのですが
青空も広がってきました。

よし!むぎ、ゆず、今日もお花見に行こう!

と言う事で、「ご近所花見」に出掛けました。

場所は我が家から車で10分足らずの瑞梅寺川です。

202号線と今宿バイパスの間の川の両岸の桜並木が
なかなか素敵なのです。

まずは東側から川上に向かって散策。

※写真の上でカーソルが手の形に変わったらクリックすると大きくなります。



今宿バイパスまで来たら橋を渡って西側の川岸を歩きます。





ゆず、お鼻に花びらが付いてるよ♪



桜に続けとばかりに様々な草花が春に弾けています。




















LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

久しぶりに「うつわと手仕事の店 研」に寄ってみました。



見ているとあれもこれも欲しなりますね。





そろそろリニューアルしたいと思っていた
コーヒーカップを購入です。

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

歴史の里 曲り田スポーツ公園

ここ糸島市は中国の歴史書「魏志倭人伝」に記されている
「伊都国(いとこく)」の地です。

地理的に中国大陸・朝鮮半島の玄関口の位置にあり、
古くから大陸との交流の地として栄えてきたので
多くの史跡や遺跡が残されています。

今日はその中の一つ「曲り田遺跡」の地に作られた
「歴史の里 曲り田スポーツ公園」に出掛けてみました。



空はどこまでも高く、公園の樹々も秋色に染まっています。





むぎはうさぎのようにぴょんぴょんと
公園の背にある経塚山の方に登って行きます。







高台からは公園内に作られた野球場や二丈町の田園風景が望めます。





小さな山なので竹林の中を通り過ぎると
すぐに田んぼがある平地に降りてきます。





ぐるりと廻って再び公園の入り口まで戻ると
お洒落な掘立柱建物のモニュメントが出迎えてくれます。



公園内には遺跡から出土した甕棺のレプリカや、
二丈町周辺で出土した支石墓(数個の石の上に大石を載せた縄文時代晩期のお墓)が復元されています。









太古のロマンに誘ってくれるなかなか素敵な公園です。





LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

ファームパーク伊都国

今日のお出かけは「ファームパーク伊都国」です。

ここは農産物の販売や各種イベントが催される都市と農村の交流拠点施設ですが、
多目的広場や遊具等が無料解放されているので、
小さなお子様連れのファミリーに人気の公園です。



横には小さな川が流れ、遠くには背振山系が望めます。



ヤギと対面したむぎとゆずはかなり興奮してます。



イベントが無い時は人影もまばらでワンコの散歩にはちょうどいい処です。







川のほとりに降りて散策も出来ます。



大きな鯉を見つけたゆずが釘付けになっています。



その後、前足の
片方をあげて、今にも飛び込んで捕まえそうな気配だったので
引き離しました。



ゆずは急な傾斜の側壁もひょいひょいと登って行くので
アジリティーに向いているかも?





ソフトクリームを妻におねだりするガールズ。
一口だけもらえました。

じゃあ、そろそろ帰ろうか?



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

秋色散歩

今日の夕方の散歩は「平原歴史公園」です。

ここは日本最大の銅鏡が出土した国指定史跡
「平原遺跡」の地に整備された公園で、
こ季節になると公園内に植えられたコスモスが満開となり、
多くの人が訪れます。



夕方になると人も少ないだろうと思って出掛けたのですが
駐車場は満杯で、空くまで待っていました。



畑の中に小径が通っているので
コスモスの花の中を歩く事が出来ます。







むぎもゆずもハァハァする事もなく元気に歩き回れる季節になりました。

秋色散歩ですね。



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

つるべおとし

今日の夕方の散歩は久しぶりに
泉川付近まで足を運んでみました。

ちょうど夕陽が沈み始めた時間だったので
むぎとゆずをせかして河口まで早歩き!



急げ急げ!



なんとか間に合いました♪











LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:4  |  トラックバック(-)
TOP

糸島日和

糸島半島の「灘山」に《むぎかじ隊》がアタックして以来、
《ワン連れ山登り》をしていなかったのですが、
ようやく今日、「立石山」に登ってみることにしました。

糸島半島の西に位置する立石山は「標高2090m」
ではなく「209m」の低山です。(笑)

しかも今回、山頂まで15分で登れるらしい登山口からなので
「なんちゃって登山」ですね。

登山口からは段差が低い階段になっていたので
むぎとゆずはルンルンと登って行きます。







しかし、すぐに急勾配の狭い登山道になり
段差も高く、とてもむぎとゆずが登れる道では無くなりました。



私の下調べが不十分でした。

これが1時間続くとなれば登るのを断念するところですが
15分なのでむぎとゆずを抱っこして登る事に。
抱っこと言っても普通に抱っこすると両手が塞がって危ないので
小脇にラグビーボールの用に抱えて登ります。

途中からざらついた花崗岩の道になり
ワンを抱えているとバランスが悪く、
何度か足を滑らしそうになりながら登って行きました。

突然視界が開け、そこには絶景が!!

※↓ クリックすると大きくなります。



東には芥屋の大門や白砂の野北海岸が広がっています。

糸島富士と称される可也山や遥か先には背振山系が連なっています。



西に目をやると眼下に福浦港、遠くには唐津まで望めます。



やっぱり糸島の碧い海は美しい。





しかし、この場所は猫の額ほどの広さなので
むぎもゆずもどこにも行けなく不満げです。



ここには標識等が無いので前方の頂きが山頂なのでしょうか?



ここまで何とか無事登って来ましたが、
この先、ワンコを抱え登り、戻って来るのに
これ以上険しい道のりだとまずいので、
ここで引き返すことにしました。

下りは腰を落とし、慎重に慎重に降りて、無事登山口に到着。

ほとんど歩き回れなかったむぎとゆずは、
喜んで林道を降りて行きます。



立石山の麓の芥屋ではむぎ&ゆずをゆっくり散歩させました。



芥屋を後にして次に向かったのは「二見ヶ浦」です。

霊園公園の高台に登ると(今度は車です)

夫婦岩がそびえる二見ヶ浦の海岸が一望出来ます。









どんな急斜面でもお構いなしに降りて行くむぎとゆずです。







夏至の頃、この夫婦岩の間に沈む夕陽の景観が素晴らしいと聞きます。

まだ見た事がないので、来年は是非見に来よう♪









一日で「山と海」を満喫した糸島ならではの日曜日でした♪
LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

梅雨時散歩

朝から雨です。

雨の日の定番となった屋根が付いた遊歩道がある
志摩中央公園に出掛けました。

公園のある志摩町に近づくと雨が降っていません。
我が家から車で10分くらいの距離なのに不思議だなぁ。



むぎ、公園の周りを散歩しようか?







素敵な器がそろっている「うつわと手仕事の店 研」まで来ました。



小川の側の路にはカニが走り回ってます。

ゆず、鼻を挟まれるよ!

アナグマだけでなく、カニも狩るノーフォークテリアでした。





住宅街を抜けると田園風景が広がり、田植えが真っ盛りです。





辺りをぐるっと回って志摩中央公園に戻ってきたのが8時半。
近くの産直市場「JF糸島 志摩の四季」のオープンの時間です。



「JA」は農協ですが「JF」は漁協。
なので店内には糸島半島の各漁港から集まった海の幸が溢れています。



水槽には活きイカも泳いでいるので
ここで買ってすぐに持ち帰れば
自宅でも「イカの活き造り」が食べられますね♪



野菜や花等もそろっていて人気の市場です。





ついついたくさん買い込んでしまいました。



今宵、最初に食卓を飾ったのは「小エビの素揚げ」

香ばしく食欲をそそります。

しばらく魚三昧の日々です♪

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

真名子木の香ランド

庭のジューンベリーの実が膨らんできました。
今日もいい天気です。



「糸島ぶらり」で、糸島半島の方面は色々廻りましたが
山の方は雷山神社や白糸の滝くらいでまだまだ未知の所が多いので、
今日は福吉から二丈岳に向かう林道を登ってみました。

途中、物騒な看板がありました。
那珂川町や佐賀県浜玉町の山の中で
猿の群れに出くわした事はありますが
糸島の山でも猿の軍団に出会う事になりそうです。



二丈岳の中腹にある「真名子木の香ランド(まなごきのからんど)」の駐車場に車を止めて周りの林道を散策です。

「真名子木の香ランド」は杉の木立に囲まれた
こじんまりとしたキャンプ場です。
10年ほど前に下見に来た事があるのですが、
オートキャンプは出来ないという記憶があるだけでした。

改めて周りを少し歩いてみると
自然林が多く、近くには小さな渓流がありなかなか素敵な所です。



野鳥のコーラスを聴きながら、眩い新緑のトンネルを歩くと
何とも心地よい♪
標高400mくらいなので、半袖のポロシャツでは寒いくらいです。





せっかくなので、キャンプ場の中も散策してみようと思い
念のため案内板を見ると「ペットは施設の中に入れないでください」と書いてあります。



ちょうど中に管理人らしき男性がいらっしゃったので
ご挨拶すると「休園中なのでワンコも一緒に入っていいですよ」と
おっしゃるのでラッキー!
むぎとゆずを連れて中を探検です。

管理人の方が「これから、ワンコも入れるようにします!」と。
「します?」

お話を聞くと、このキャンプ場を糸島市から借受け、
これから運営される会社の方でした。
民営化と言う事ですね。

古いキャンプ場で狭かった一区画を広くして、
ワンコも一緒にキャンプ出来る施設にリニューアルされるそうです。
バンガローもワンコも泊れるようにするとの事。
隣接する土地にはオートキャンプの施設も作られる予定だそうです。







過剰な設備がなく、手つかずの自然林に囲まれ、渓流もあり、ワンコOKという
我が家の希望を満たすキャンプ場が近場になかったので
これは「ひゃっほぉ〜!」です。

我が家から1時間とかからない、忘れ物をしても取りに帰れる(笑)
キャンプ場が出来ちゃいます。

すぐ近くの渓流でお弁当を広げました。
せせらぎをBGMにして頬張るおにぎりの美味しい事!



案の定、ゆずは渓流にバシャバシャ入って行きます。



風で飛んできたのでしょうか?
流れてきたテッシュを捕まえようとゆずは必死です。

むぎは濡れないように慎重にクンクン。



「真名子木の香ランド」を後にして
更に林道を走ると糸島半島が一望出来る場所もありました。





林道の分かれ道で、左に行ったらどこに出るんだろうと下って行くと、
何と!「ドッグハウスすえなが」さんの横に出てきました。♪

この夏リニューアルオープン予定の「真名子木の香ランド」、
今から待ち遠しいなぁ。

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

白糸の滝

今日も初夏の陽気で、昼間は出掛けるのを差し控えていましたが
夕方近くになって、涼を求めて1年ぶりに「白糸の滝」に向かいました。



背振山系の羽金山の中腹(標高530m)にある滝は
優美な姿で見る者を魅了します。



この時季、まだ色が深まる前の樹々の浅緑の葉がとても美しく
春を一番感じる色です。





この時間になると人も少ないだろうと思っていたのですが
さすがにゴールデンウィークの最終日だけあって
まだまだ大勢の人で賑わっていました。



遠くには糸島の町が望めます。
あいにく霞んでいてクリアではありませんでしたが。



これからワンコにとって辛い夏が訪れますが、
我が家から車で30分ほどの所にあるこの場所は
絶好の避暑地になりそうです。



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

志摩サンセットロード

午後からようやくお日様が顔を出し
青空が覗いてきました。

むぎ、ゆず お出掛けしようか?!

目指したのは「志摩サンセットロード」と呼ばれる
糸島半島に沿った海岸通です。

初めに半島に西の端に位置する福の浦を訪れました。



きらめく青い海とどこまでも澄んだ空、
海風が爽やかでとても心地よい♪



目の前に広がる玄界灘を日がな一日眺めていたいですね。

しかし陽射しはワンコには厳しい強さで
長居は出来ませんでした。
まだ5月が始まったばかりだと言うのに
先が思いやられます。





日頃閑散としている福の浦漁港に行くと
さすがにゴールデンウィークのせいでしょう
大勢の人で賑わっていました。



穏やかな漁港の船着き場でちょっと休憩。
漁港には魚釣り餌が至る所に落ちているので
むぎとゆずはクンクンクンクンと忙しいのです。





福の浦漁港を後にして「幣の浜(にぎのはま)」まで足を伸ばしました。
「幣の浜」とは芥屋の大門(けやのおおと)から野北浜まで
松原と砂浜が6kmにわたって続く美しい海岸線です。



海岸線にはおしゃれなレストランやカフェが立ち並び
人気のお店は順番待ちで外にまで行列ができています。



この海岸線は砂浜と海だけではなく
玄界灘に沈む美しい夕陽眺められることでも人気のスポットです。

我が家から30分もかからず辿り着くので
気が向いたらふらりと出掛けられます。

今度は夕陽を見に来ようね、むぎ、ゆず。



その夜はちょっと疲れたのか早々とねんねのむぎとゆずでした。

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

加布里公園

今日はむぎとゆずを連れて加布里港まで。

海風が気持ちいいのですが、ワンコにとってはちょっと厳しい陽射しです。



港から近くの「加布里公園」まで足を伸ばしてみました。





ここは糸島の桜の名所の一つにあげられています。
初めて訪れたのですが、この時季、きらめく若葉が美しい。





展望台からは可也山や穏やかな加布里湾が望めます。





また一つ糸島のお出かけスポットが増えました♪



LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

てくてく深江

またまた「二丈ふれあいい夕市」に出掛けました。

今日は、どれにしようか迷うほど様々な魚が並んでいます。



春の訪れを告げる大地の恵み達も「えへん」と胸を張っています。





夕市の後は唐津街道の宿場町として栄えた二丈深江の散策に。

レトロなJR深江駅です。



初めて訪れた深江神社。
拝殿は建て替えられていて新しいのですが
建立は1202年と古く、豊臣秀吉が朝鮮出兵で
名護屋城(現在の唐津市鎮西町)へ向かう途中に
参拝したとされています。





妻が拝礼している間、むぎはオヤツをちょうだいと妻を拝んでいました。





境内には澄み切った春の空に向かって楠木がそびえ立っています。



町中には白壁や伝統的な建築様式の建物が見られ宿場町の名残をとどめています。











テクテク歩いていると渋い醤油屋さんがありました。



ミツル醤油醸造元」さんです。



お店には様々な醤油とともに数々の品評会で受賞された賞状が飾ってあります。

お店の方とお話ししていると
「うちはまだ90年ほどの新参者ですから」とおっしゃる。
なるほど醤油や、造り酒屋の世界では90年はまだまだ若いという事なのですね。



今宵の晩ご飯、まずは夕市で買ってきた「山うど」です。
独特の香りとえぐみは春の食材の真打ちですね。



これにはもちろん日本酒です。
糸島の地酒、白糸酒造の「純米酒 喜蔵」を合わせました。



ミツル醤油で買ってきた「橙ポン酢」は
バランスの取れた逸品で、橙好きな私には嬉しい!





今宵は、地産地消の宴です。

「可愛いお客様」もお見えでした。
野菜にくっついてきたのでしょうね。


LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

さくら道

日曜日の朝の散歩は、前原北にある春が待ち遠しかった場所へ。

まだ木枯らしが吹いている頃、散歩していて見つけた
雷山川沿いの桜並木のある遊歩道です。

そろそろ咲いているかなぁと出掛けてみました。

この遊歩道には名前が付けてあります。
「さくら道」



河口に向かって左岸が2001年、右岸が2003年に植樹されています。
まだまだ小さいですが精一杯咲いていました。





川の向かいに可也山を望む素敵なロケーションです。



もっともガールズは「花より団子」でしたが。










LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

春色散歩

今日のお出掛けは、先日が海だったので、山の方に。
長糸地区の里山散策です。



あちらこちらで草花が春の訪れを告げていました。






冷たさが緩んだ里川ではアブラハヤ達が元気に泳いでいます。







青空に浮かぶ雲もどこかのんびりしていますね。









次回のお出かけでは「花見」が出来るかな?



※↓クリックすると大きくなります

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

万葉の里公園

午後から晴れて来たので、志摩船越の「万葉の里公園」を訪れました。

ここには万葉歌碑や万葉集にまつわる花などが植えられた花壇があり、
目の前には波穏やかな引津湾が広がっています。







※↓クリックすると大きくなります



湾の向こうには、糸島富士と称される可也山の優美な姿が望めます。



急に決めたお出掛けだったので、今回のお昼ご飯はほか弁です。
奮発して幕の内の「松」にしました。
眺めがいいところで食べるお弁当はうまいなぁ。









南側にある船越の漁港まで歩いてみました。



糸島の漁港の海はどこも透明度が高く、泳いでいる魚はもちろん、
海の底まで見通せます。



むぎとゆずがしきりにクンクンしています。
あちらこちらから魚の匂いがしてくるのでしょうね。





家を出る時は、暖かかったのですが、さすがに海辺はまだ寒かった。
もうしばらくしたら、半袖でも大丈夫でしょう。



※↓クリックすると大きくなります

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

春風散歩

朝の散歩も終わり、ご飯も食べて、おくつろぎののむぎとゆず。
仲良くひなたぼっこしています。



「青空が出てきたのでお出かけしようか?」



「お出かけ」と聞くと目を輝かせ
すぐに玄関に向かうむぎとゆずです。


今日は土曜日なので「二丈ふれあい土曜夕市」が開催される
二丈町に向かいました。

夕市が始まる前に二丈深江の町を散歩。



ズンズン先に行って、むぎが来てない事に気付くと
慌ててダッシュで戻って来るゆずです。



田んぼの畦道や閑静な町並みをのんびりと歩くと
早春の風が心地よい。



むぎ、ゆず そろそろ夕市が始まるよ。





いつも市場に着くと一番にご夫婦でお見えになる農家の方からお米を買います。
このお米がとびきり美味しいので
もたもたしてると売り切れちゃうのです。



土筆など春の訪れを告げる大地の恵みが並び始めました。









今宵の晩ご飯は夕市で買ってきた「アラカブ」。
散らした葉ワサビがいいでしょう?

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:2  |  トラックバック(-)
TOP

軽トラ市

糸島市は、私たちがここに引っ越してきた平成22年(2010年)に、
旧前原市、志摩町、二丈町が合併して誕生しました。

旧前原市は江戸時代、唐津街道の宿場町として栄えた町です。
その名残をとどめる前原名店街で催されている
「唐津街道前原宿 軽トラ市」に初めて行ってみました。





新鮮な農産物や魚介類、食品などが軽トラの荷台に載せられて
売られていて商店街が市場へと早変わりです。







試食出来るお店も多く、この「雷山豆腐」さんは
店頭で作り立ての豆腐を販売してあります。

一口食べてびっくり!
大豆の甘味がふわりと口の中いっぱいに広がります。
迷わずお買い上げです。





売り手の皆さんが親切に商品の説明をして下さるので
ついついたくさん買い込んでしまいました。

この人混みなので、むぎとゆずはお留守番でした。





LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP

のたり

先週、売り切れで残念な思いをした
パン屋さんを再び訪れました。

「自家製酵母パン のたり」です。



古民家を改装されたお店は看板がないとパン屋さんとは分からないでしょうね。



お店の中も不思議と落ち着きます。





冬の柔らかい陽射しを浴びてパン達が清楚に佇んでいます。





お店を出た後は車の中で待ちくたびれていたむぎ達を連れて
「芥屋の大門(けやのおおと)」まで足を伸ばしました。



芥屋の大門は波の浸食によって出来た洞窟です。
高さ64m、奥行90m、間口10mの日本最大の玄武岩洞で
国の天然記念物に指定されています。
洞窟は海に面しているので海上からしか見る事は出来ません。
私たちもまだ見た事がないのですが、遊覧船が運航されているのでいつか見てみたいですね。





さて、今日のランチの主役はもちろん「のたり」のパンです。



脇役は芥屋からの帰りに見つけた小さな農産物直売所で買ってきた
菜の花を使ったパスタ。



実に滋味あふれるパンです。

また買いに行きたいところですが
奥様がご出産されるので近々しばらく休業されるそうです。
しばしお預けですね。

LINEで送る
糸島ぶらり |  コメント:0  |  トラックバック(-)
TOP